なぜ英語なのか?

英語がここまでも重要視をされる時代が来るとは思っていなかった人もいると思うが、海外との交流が盛んになってしまっているからには英語もできなければならないというのが現状である。
別に英語が出来なくても仕事に就くことが出来るし、働くことも出来る言えばできるがここまで英語を重要視するのにも理由があるわけだ。
今の仕事が仮に無くなってしまっても英語が分かり喋ることが出来るというだけでどこでもチヤホヤされる時代なのだ。
そのくらい英語が出来る人を企業では探している。
実際に英語を上手く使うことが出来る日本人というのは少数しかいない。
それにもしっかりと理由があるのだが、日本人は英語を聞き取りにくい構造となっており元々英語を覚えることには長けていないのである。
英語は高音だが日本語は低音なため聞き取りづらいということである。
そのため英語が苦手なのである。
そして英語ができるようになるということは海外でも仕事をすることができることに?がることもできる。
そのため職が無くなった時も社会復帰をすることがとても楽なのも魅力的な部分なのである。
英語があるだけでもここまでのことができるのであるのなら覚えていても絶対に損をすることはないだろう。
そして個人的な感想になるが他人からは英語ができると格好がいいと思われることがよくある。
自分だけにしかできない技と思うと何かしら惹かれる要素は出てくるだろう。
優越感に浸ることができるのも英語ならではの特徴だ。