問題集の選び方

試験において問題集というのは欠かせないものだがしっかりとした選び方をしているか正直気になる所であるだろう。
英語初心者の方はまず目につくのが「初心者でも大丈夫」などのフレーズが書かれている参考書だ。
中身を見ても何が良く何が悪いというのはしっかりとした判断をすることは極めて難しい。
何か選ぶ際に基準があればそれだけでも選ぶのが楽になると思ったことは無いだろうか?
今回は問題集の選び方について詳しく書いていきたいと思っている。
まず気にする点というのは著者である。
実は英語教材が溢れかえっている理由として全く英語を手にしたことがない業者がトーイックの教材を販売していることがあることも言える。
このことを知っている人は少ないだろう。
内容が全く異なっておりトーイックと関係ないことまで書いてある教材なんてものはザラにあるのだ。
そんな教材達に振り回されないようにするためにも自己防衛をしていかなくてはならない。
まず調べなければいけないのは著者をしっかりと調べることだ。
著者を調べることでその人がトーイックに詳しいかどうかを判断することができる。
ネットを使えば一発で分かるため便利な方法である。
無名な人ほど出てくることはないので分かりやすいだろう。
問題集を買うにもしっかりとした判断ができるようになることが大切なのだ。
このように調べることで何がダメなのか何が良いのかをきちんと知る方法を調べることができるのが大事である。

自分に合う良い問題集を探す工夫はとても簡単なことなのでしっかりと対策ができるようになりたいところだ。