シャドーイングを使って英語を上達する

あまり知られていないシャドーイングを使っての英語勉強法である。
シャドーイングとは「英語を聞きながら、後から追いかけるように英語の発音を真似する方法」だ。
歌にすると復唱のイメージだと思ってもらえるといいだろう。
このシャドーイングを使えば英語力が飛躍的にアップをすると言われているのだ。
主にこのシャドーイングを使うことは通訳を目指す人が訓練をするために使うことが多いが、英語初心者や中級者にも効果がある方法である。
シャドーイングをすることによってどのような効果を持つことができるのかを簡単に箇条書きにしてみた。

  1. 発音がよくなる。
  2. リズムがよくなる。
  3. イントネーションがよくなる。
  4. 英語のスピードにある程度慣れることができる。
  5. 単語同士の音の繋がりが分かるようになる。

 

ざっと書いてみただけでもこれだけ効果を感じることができるシャドーイングはとても素晴らしい方法だと感じることができるだろう。
だがなぜ普及をすることがないのか?
疑問に思う方がいるだろう。
シャドーイングは簡単そうに見えて難しい。
なぜならば発音する側がゆっくり発音をする訳ではなく通常通りのスピードの発音を真似して発音しなければならない。
そして発音は絶え間無くする訳だから相手がしゃべっている間にもずっと後ろから真似をしなければならないため分からなくなってしまうだろう。
そして何より「面倒くさい」と感じてしまう人が多いのもひとつの理由なのかもしれない。
ではどうすればいいのかを考えなければいけない。
まずはいきなり長い文章をシャドーイングするのではなく短い文章から始めるのが良いそうだ。
うまくいかない場合は途中で音声をとめてしまうのも大丈夫だそうだ。
使いこなすことができれば圧倒的なアドバンテージを得ることができるシャドーイングをぜひ試してみてもらいたいと思う。